消費税の軽減税率対象商品について②

今日も非常に暑いですね。梅雨時期の肌寒さが遠い過去のように感じます。

8月上旬のこの時期が1年で最も暑い時期といわれておりますが、今年は梅雨が長く晴れ間がほとんどなかったにもかかわらず、梅雨明け後急激に気温が上がったため体に堪えます。

さて前回のブログの続きになりますが、軽減税率対象商品として飲食料品で注意すべき点がございます。

それは外食です。レストラン等での食事については10%が課税されますが、テイクアウト、持ち帰りまたは宅配を頼んだ場合には8%の課税となります。

また、コンビニ等のイートインスペースがある店舗で弁当等を購入し、イートインスペースで食べる場合には10%が課税されます。

非常に紛らわしいケースですので、買い手も売り手も10月以降は注意が必要です。

なお、持ち帰りか店内での飲食かの判断はレジ等でお客様の意思を確認する方法等により判断することとなります。

 

関連記事

  1. 「収益認識に関する会計基準」における「本人と代理人の区分」につい…
  2. 消費税の軽減税率制度導入により変更となる事務処理②
  3. 新型コロナウイルス感染症の影響により事業収入が減少した 中小事業…
  4. 税金の役割について考えてみる②
  5. コロナウィルスの影響で減額した役員給与を元の水準に戻した場合の定…
  6. 収益認識に関する会計基準と遡及適用
  7. 「収益認識に関する会計基準」についての会計処理及び税務処理につい…
  8. 確定申告の期限延長そしてオリンピックの延期

最近の記事

PAGE TOP