消費税軽減税率制度に向けて従業員の教育の必要性

暑さの山場は越えたように思いますが、体調等崩されておりませんでしょうか。

さて、前回まで事業者の事務処理の変更点について説明いたしました。

今回は、従業員の教育の必要性について記載したいと考えております。

軽減税率制度導入により、現場でのお客様対応を含め大きな混乱が生じる可能性があります。事前に従業員教育を含めた準備をする必要があると考えております。

また、この機会に社内体制の見直しを考えることも重要かもしれません。

社内に広く告知を行い、お客様から質問があった場合等を想定し、全従業員が正しい説明ができるようになる練習を行うなど、事前の備えが必要です。

関連記事

  1. 所有者不明土地の解消に向けた民事基本法制の見直し
  2. 消費税の軽減税率対象商品について
  3. 確定申告の期限延長そしてオリンピックの延期
  4. 所得拡大促進税制 適用判定時の在宅勤務手当等の取り扱いについて
  5. 消費税の総額表示義務の注意点
  6. 「休業手当(労働基準法26条)は給与課税対象となるかどうか
  7. 消費税の軽減税率制度導入により変更となる事務処理②
  8. 税務調査ってどんな感じ?

最近の記事

PAGE TOP