消費税の軽減税率対象商品について

今日から8月が始まります。

今年も残すところあと5か月ですね。あっという間に年末を迎えそうです。

本日も予想最高気温が34度と非常に暑くなることが想定されます。くれぐれも熱中症にならないように対策をお願いいたします。

今週末は各地で花火大会が開催されるようですが、夏の風物詩として私も楽しみにしております。(八王子花火大会は先週末でしたが、皆さまご覧になられましたでしょうか)

さて、前回、消費税の増税に伴い軽減税率制度が導入されるということをお伝えしましたが、今回は軽減税率対象商品についてお伝えできればと思います。

軽減税率の対象となるのは、「酒類・外食を除く飲食料品」と「週2回以上発行で定期購読される新聞」です。

飲食料品とは、食品表示法に規定する食品のことを指します。

ただし、飲食料品であっても、酒類と外食は対象になりません。

また、医薬品、医薬部外品、水道水などは食品表示法に規定する食品にあたらず、10%課税となります。

ここで飲食料品について、注意すべき点がございますので、これについては次回の投稿で説明させていただきます。

 

関連記事

  1. 収益認識に関する会計基準と遡及適用
  2. 電子取引の保存方法はどうすればよいか
  3. 収益認識基準の法人税法上の通達(自己発行のポイント)の取扱い
  4. 確定申告しないとどうなるか。【フリーランスの方向け】
  5. 「収益認識に関する会計基準」適用による法人税法の改正について
  6. 電子取引 見積書の金額に変更が生じた場合の取扱い
  7. Excelのデータ作成を簡単シンプルにすると、結果的に入力は省力…
  8. インボイスの登録事業者は増えているのか

最近の記事

PAGE TOP