インボイスの登録事業者は増えているのか

国税庁の適格請求書発行事業者公表サイトでは、登録番号、登録年月日などの他に、登録事業者が法人の場合は、法人名、本店又は主たる事務所の所在地が公表されています。
国税庁インボイス制度適格請求書発行事業者公表サイト (nta.go.jp)

一方個人事業者の場合は氏名の公表のみとなりますが、個人事業者が、「屋号」や「主たる事務所の所在地等」の追加公表を希望する場合は、「適格請求書発行事業者の公表事項の公表(変更)申出書」を提出する必要があります。
例えば、「屋号」の追加公表を希望する場合、同申出書を提出すれば、氏名と屋号が併せて公表されることとなります。

同申出書は、追加公表を希望するタイミングで提出すれば順次反映され、適格請求書発行事業者の登録申請書と同時に提出した場合は、最初から追加された状態で公表されます。

また、国税庁によると、登録受付を開始した2021年10月以降、10月の1か月だけで約10万件の登録申請があったと発表があり、注目の高さが伺えたものの、その後の伸びは大きくなくインボイス制度について理解している層と制度をよく知らない層に分かれているのではないかと推測しています。

本ブログにおいても、今後インボイス制度について取り上げていきたいと考えています。

関連記事

  1. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴う対策…
  2. Excel・パワークエリ機能の一番簡単な使い方~複数のCSVファ…
  3. インボイス制度導入後におけるタクシー代の仕入税額控除(経過措置に…
  4. マウスのドラッグ&ドロップで文字入力する方法 ~キー入…
  5. コロナウィルスの影響で減額した役員給与を元の水準に戻した場合の定…
  6. 確定申告に向けた留意点
  7. 確定申告の期限延長そしてオリンピックの延期
  8. 電子取引 見積書の金額に変更が生じた場合の取扱い

最近の記事

PAGE TOP